リチウムイオン電池からの火災にご注意を!

携帯充電器(以下「モバイルバッテリ」という。)、スマートフォン、タブレ ット、電子たばこ、ノートパソコンなどに使用されているリチウムイオン電池を 充電中及び使用中などに出火する火災が増えています。

【リチウムイオン電池とは】
リチウムイオン電池は、小型で大量の電力を必要とする製品に使用されています。
一般的に使用されているニッケルカドミウム電池、ニッケル水素電池など と比べて高容量、高出力、軽量という特徴があります。

【火災発生状況】
1 充電池の仕様に応じた設定で充電しなかったため、過充電となり出火した。
2 専用(対応型)充電器を使用しなかったため、過充電となり出火した。
3 廃棄する際に分解していて、外力により損傷し出火した。
4 スマートフォンのイヤホンジャックの清掃や、電池の交換修理をする際に、鋭利なものを差し込んだため内蔵充電池が損傷し出火した。
5 社告・リコール品を使用していて出火した。
6 経年使用による劣化で出火した。
7 電池、制御装置等、製品の不具合により出火した。

【火災を防ぐために】
1 各機器を購入した時に付属されている充電器やメーカー指定の物を使用し ましょう。
2 接続部が合致するからといって、充電電圧を確認せずに使用するのはやめましょう。
3 膨張、異音、異臭など異常が生じたものを使用するのはやめましょう。
4 充電が最後までできない、使用時間が短くなった、充電中に熱くなるなどの異常があった際には使用をやめて、メーカーや販売店に相談してください。
5 廃棄の際には、事業団体が回収するリサイクルへ出しましょう。

【万が一発火した時には】
電池から火花の飛び散っている時には近寄らず、火花が収まってから消火器 や大量の水で消火するとともに119番通報してください。


独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE・ナイト)製品安全センター
最近の製品事故情報(NITE速報):http://www.nite.go.jp/data/000050556.pdf


問合わせ先
久慈広域連合消防本部消防課予防保安係  0194-53-0119

ファイル