【火災が多発しています】

今年に入り火災が相次ぎ、これまで4件の発生がありました。
例年以上に空気が乾燥し風が強い日が多いことから、火災発生の危険と一度火災が発生すると延焼拡大のおそれがあります。
特に屋外で火気を取り扱う場合は、次のことに留意し、火気の取り扱いに十分注意しましょう。

1 枯れ草等のある危険な場所では、たき火をしない。
2 風が強い日や乾燥時は、たき火をしない。
3 たき火をする時は消火の準備をし、離れる時は完全に消すこと。
4 たばこのポイ捨てはやめ、吸い殻は持ち帰ること。
5 「火災と紛らわしい煙等を発生させるたき火等」を行う場合は、事前に
消防署へ届け出る必要があります。

《担当:久慈広域連合消防本部消防課予防保安係 53-0119》

ファイル