夏祭り、花火大会などでの火災予防について

 平成25年8月15日に発生した福知山花火大会露店爆発事故(死者3名、負傷者59名)からまもなく1年が経とうとしています。
 あの痛ましい事故が起きたにも関わらず、今度は平成26年8月2日に東京都江東区亀戸でカセットこんろのボンベが爆発し、4名が負傷し病院に搬送されています。爆発の原因は、カセットこんろのサイズを上回る大きさの鍋を使用したため、熱伝導によりガスボンベ内圧が上昇したものとされています。
 夏休みの楽しい思い出を残すため、事故を起こさないようにみんなで取り組みましょう。

【火気使用場所での防火ポイント】
危険物の取扱いについて
 ガソリンは常温で揮発します。気温が高い夏季は特に揮発しやすいので、携行缶を取り扱う場合は火気から離し、減圧弁を開放(エア抜き)してから蓋を開けましょう。また、ガソリンは灯油用ポリ容器やペットボトルで保管することはできません。絶対にやめましょう。
 また、発電機などに補給するときは、必ずエンジンを止めてから行いましょう。

ガスの取扱いについて(久慈地域高圧ガス保安対策協議会監修)
 容器が倒れないように平らな場所に置いて下さい。
 容器を横に寝かせて使用しないで下さい。
 直射日光や火気を避けて使用して下さい。
 使用後は必ず容器バルブを閉めて下さい。
 容器は火気のない風通しの良い屋外に保管して下さい。
 不用になった容器は必ずLPガス販売店に返却して下さい。
 カセットこんろを使用するときは、鉄板などが容器の上に掛からないようにして下さい。また、使用済みの容器は完全に使い切ってから、風通しのよい場所で穴をあけて、燃えないごみに出して下さい。

炭の取扱いについて
 炭の火おこしをする場合は、炭の飛び散りによるやけどに注意しましょう。
 バーベキューこんろの周りに燃えやすい物がないか確認しましょう。
 燃え残った炭は水に十分浸すなどして完全に消火してから、可燃ごみとして廃棄しましょう。公園や河原でバーベキューをした場合は、ゴミ袋に入れて持ち帰りましょう。

花火について
 花火する前に、水の入ったバケツとゴミ袋を準備し、遊び終わったらその都度水に入れ、完全に消火してからゴミ袋に入れて可燃ごみに出しましょう。

 《担当:久慈広域連合消防本部消防課予防保安係》