大雪によるホームタンクの破損にご注意下さい

クリックで元画像を開く 260 ){document.face_image.width = 260;}” >

if(true){
var img = new Image();
img.src = “http://kuji-kouiki.jp/file/8/14314b0AUA1394762812-img1.jpg”;
if(img.width > 260){
document.face_image.width=260;
}
}

 クリックで元画像を開く 260 ){document.face_image2.width = 260;}” >

if(true){
var img = new Image();
img.src = “http://kuji-kouiki.jp/file/8/14314dpF7H1394762812-img2.jpg”;
if(img.width > 260){
document.face_image2.width=260;
}
}

 大雪による落雪等により、ホームタンクや配管が損傷し、灯油が流出した被害が発生しています。
 灯油等の危険物の流出は、火災発生危険が増すだけではなく、周辺環境に悪影響を及ぼします。特に冬期間に発生した危険物流出事故は、融雪ともに被害が拡大する可能性が高まりますので、次の点に注意しましょう。

 ・ホームタンクやドラム缶への落雪・積雪によるタンク及び配管の損傷防止策を講じる。
  例:軒下にホームタンクがある場合は、ホームタンク用の屋根(不燃材料)を設置する。配管も同様に保護する。
 ・ホームタンクからの小分け中は、その場を離れない。
 ・ホームタンクの残量が著しく減少しているときは、配管から漏れていないか確認する。(配達業者任せにしない。)
 ・万が一灯油等が流出した場合は、直ちに消防署へ通報する。

《担当:久慈広域連合消防本部消防課予防保安係》