「岩手県ドクターヘリ」運用スタート!!

クリックで元画像を開く 260 ){document.face_image.width = 260;}” >

if(true){
var img = new Image();
img.src = “http://kuji-kouiki.jp/file/8/12511Q6sAg1336709022-img1.jpg”;
if(img.width > 260){
document.face_image.width=260;
}
}

 クリックで元画像を開く 260 ){document.face_image2.width = 260;}” >

if(true){
var img = new Image();
img.src = “http://kuji-kouiki.jp/file/8/12511Anf3X1336709022-img2.jpg”;
if(img.width > 260){
document.face_image2.width=260;
}
}

 岩手県は5月8日(火)患者の救命率向上を目指し「岩手県ドクターヘリ」の運航を開始いたしました。
 久慈地区では本格運航に先がけ、5月1日(火)岩手県ドクターヘリ、岩手県防災ヘリ、久慈病院、久慈広域消防の関係者による合同訓練を行いました。
 訓練は久慈市長内町のヘリポートを主会場に、訓練参加機関との連携を確認しながら実施されました。
 久慈広域管内には、ランデブーポイントといわれるドクターヘリが着陸できる場所が65箇所あり、救急現場から医療機関まで患者を迅速に搬送することが可能となります。
 なお、岩手県ドクターヘリは、一般住民の方から直接要請することは出来ませんので、ご注意願います。

【写真左】5月1日(火)合同訓練
 防災ヘリから引継ぎ救急車内で傷病者を初期治療しているDrヘリの医師と看護師・救急隊の様子
【写真右】5月1日(火)合同訓練
救急車内で初期治療を終えた傷病者をDrヘリに収容し、病院へ向け飛び立つ様子