畑田保育園・長内保育園に幼年消防クラブが結成

クリックで元画像を開く 260 ){document.face_image.width = 260;}” >

if(true){
var img = new Image();
img.src = “http://kuji-kouiki.jp/file/8/12328BLjpL1332892232-img1.jpg”;
if(img.width > 260){
document.face_image.width=260;
}
}

 クリックで元画像を開く 260 ){document.face_image2.width = 260;}” >

if(true){
var img = new Image();
img.src = “http://kuji-kouiki.jp/file/8/123285bnfs1332892232-img2.jpg”;
if(img.width > 260){
document.face_image2.width=260;
}
}

 久慈市の畑田保育園(佐々木マサ子園長、園児76名)と長内保育園(畑中美登里園長、園児61名)に幼年消防クラブが結成されました。
 この幼年消防クラブは幼児期から火に対する正しい知識を身に付け、火災の減少に努めるとともに、健全な園児の育成を図ることを目的とするもので、管内では畑田保育園が34番目、長内保育園が35番目のクラブ結成となります。
 3月7日(水)には両保育園において、久慈地区幼少年婦人防火委員会会長(久慈広域連合消防本部、松野下冨則消防長)から認定証が交付され、園児には半てんとワッペンが贈られました。
 真新しい半てんを身に着けた園児たちは、久慈消防署の消防戦隊「ファイアースリー」とともに、大きな声で「防火のちかい」を行いました。(写真左は畑田保育園のみなさん、右は長内保育園のみなさん。)