介護保険制度改正のお知らせ(平成27年8月から)1

1 一定以上の所得のある方の利用者負担割合が2割に変わります
 介護サービスを利用したときに利用者の方に負担していただく割合は、これまで一律に1割でしたが、65歳以上で一定以上の所得(本人の合計所得金額が160万円以上で、世帯の65歳以上の方の「年金収入とその他の合計所得金額」の合計が単身で280万以上、2人以上の世帯で346万円以上)がある方は2割になります。
 久慈広域連合では、要介護(支援)認定を受けた方に、利用者の負担割合(1割または2割)を記載した「介護保険負担割合証」を送付しています。8月1日以降に介護サービスを利用する場合には、被保険者証と一緒に提示してください。

2 食費・部屋代の負担軽減の見直しが行われます
 施設入所と短期入所(ショートステイ)を利用する時の食費・居住費の負担軽減制度の適用条件に、配偶者の所得状況や資産(預貯金等が単身1,000万円以下、夫婦2,000万円以下)の確認が加わります。
 なお、負担限度額の適用を受けるためには申請が必要です。